新入幕の輝に黄色座布団 同郷の森喜朗元首相が贈る

[ 2015年12月28日 05:30 ]

森喜朗氏(左)と握手をかわす輝

 新入幕の輝に同じ石川県出身の森喜朗元首相から、まわしと同じ金色の座布団が贈られた。

 東京都江東区の高田川部屋で餅つきに参加した元首相は「同郷の遠藤を1回ぶん投げて、三役を目指してほしい。(座布団が)汗と砂で真っ黒になるまで頑張れ。真っ黒になったら、また作ろう」と激励した。

 昇進の祝福を受けた21歳のホープは「一年の終わりに幕内に上がれて本当に良かった。期待に応えたい」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース