関商工 10Tでチーム最多得点!天国の総監督へ贈る1勝

[ 2015年12月28日 12:29 ]

<高松北・関商工>前半24分、関商工の森島は左中間にトライを決める

全国高校ラグビー大会第2日・1回戦 関商工68―0高松北

(12月28日 花園ラグビー場)
 関商工が花園での同校最多得点で高松北を一蹴した。平均体重で約10キロ勝るFW陣が圧倒。前半1分、SO荻の先制トライを号令に計10トライを積み上げた。プロップの森島主将は「花園で正月を越えるための通過点」と口元を引き締めた。

 ことし4月、ラグビー部の育ての親である山口正昭総監督が死去。ベンチに遺影を置き、部員は黒いリストバンドをつけて戦った。井川茂雄監督は「いい報告ができます」と快勝に安堵の笑みを浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース