20年連続出場の仙台育英 先制許すもFW陣で押しまくって勝利

[ 2015年12月28日 05:30 ]

全国高校ラグビー大会第1日・1回戦 仙台育英39―7荒尾・岱志

(12月27日 花園ラグビー場)
 20年連続出場の強豪・仙台育英は前半8分に先制トライを許したが、プロップの宮川優主将を中心とするFW陣で押しまくり、失点を最小限に抑えて勝利を収めた。

 丹野監督は「これまでFWで勝ってきた意地があった。よく頑張ってくれた」と選手を称えた。後半10分にラックから持ち出してトライを挙げるなど活躍した宮川優は「持ち味のモールで押せたことは大きい。目標のベスト8を目指したい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース