メイジ4強!因縁・立命大を7T粉砕 5季ぶりの“正月越え”

[ 2015年12月28日 05:30 ]

<明大・立命館大>後半、後藤のタックルをジャンプでかわしトライを決める尾又(中央)

ラグビー大学選手権第2ステージD組 明大48―12立命大

(12月27日 江戸川)
 最終節8試合が行われ、D組の明大は立命大を48―12で破り、5季ぶりの準決勝進出を決めた。3トライのCTB尾又寛太(3年)を筆頭に、チーム計7トライで相手を圧倒。関東大学対抗戦で帝京大と優勝を分け合った“王者”が、4年間はね返されてきた正月越えの壁を乗り越えた。また、C組では大東大が同大に33―31で逆転勝ちし、16季ぶりの4強入りを果たした。来年1月2日の最終ステージ準決勝は帝京大―大東大、東海大―明大の組み合わせで行われる。

 因縁を振り払い、メイジが5季ぶりの正月越えを果たした。後半6分に4トライ目を奪った時点でボーナスポイント1を加えて突破が決定。その後も加点して完勝したが、フッカー中村主将は「目指しているのはNo・1」と口元を締め直した。

 最終節は悪夢続きだった。現行方式元年の3年前は東海大に36―45、2年前は立命大に10―12で敗れ、昨年は筑波大に7―43と大敗した。いずれも2戦全勝で迎えながら落とし、丹羽政彦監督も「失速メイジ」と自嘲するありさまだった。

 この日も開始40秒でトライを奪われた。2年前と同じ相手、昨年と同じ会場だったが、同じ過ちは繰り返さなかった。同6分に認定トライで同点。19分にFB田村のPGで勝ち越すとワンサイドゲームになった。

 年末に餅つきを計画していたが、ここ2年は中止。今年は31日の開催が決まった。この日ハットトリックを達成したCTB尾又は「ラガーマンとして正月がないのはいいこと」と餅の味を楽しみにした。

 決勝進出なら17季ぶり、優勝なら19季ぶりとなる。リバイブ(生き返る)のスローガン通り、紫紺のジャージーが鮮やかな色を取り戻しつつある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年12月28日のニュース