松田 得意の男子200バタ敗退「実力足りてない」小堀も無念

[ 2013年8月1日 06:00 ]

男子200メートルバタフライ準決勝 1分56秒42で全体の11位に終わった松田丈志

世界水泳第11日

(7月30日 スペイン・バルセロナ)
 <男子200メートルバタフライ>松田が1分56秒42の11位、小堀が1分56秒15の9位で、ともに決勝進出はならなかった。松田は08年北京から五輪と世界選手権の表彰台に上がり続けてきた種目だけに「決勝に行けず悔しい。実力が足りてないと思った」と完敗を認めた。小堀は0・05秒差でファイナルを逃し「凄く緊張して少し硬くなった。気持ちが前に行き過ぎちゃったのかなと思う」とガックリ。敗戦が決まると顔をしかめて悔しがった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月1日のニュース