土井 2年ぶり女王、疲労性腰痛乗り越えた「次につながる」

[ 2013年8月1日 06:00 ]

女子100メートル決勝 11秒70で2年ぶりに優勝した埼玉栄・土井杏南

全国高校総体第4日

(7月31日 大分銀行ドームほか)
 <女子100メートル>苦難を乗り越えて、再び頂点に立った。昨年はロンドン五輪女子400メートルリレーに出場して高校総体を欠場した土井が、11秒70で2年ぶりに優勝。今年は2月から疲労性の腰痛に襲われ、懸命にリハビリに取り組んだ。「レース内容は良くないけど、しっかり1番でゴールできたのは次につながる」。1日は400メートルリレー決勝。前日(30日)に高校新記録をマークした種目で、2冠を狙う。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月1日のニュース