星 女子200バタは全体4位で決勝進出、五輪に続くメダル目指す

[ 2013年8月1日 02:11 ]

世界水泳第12日

(7月31日 スペイン・バルセロナ)
 女子200メートルバタフライ準決勝は星奈津美(スウィン大教)が2組2位、全体の4位で決勝進出を果たした。序盤から上位をキープした星は前半100メートルをトップと0秒06差の2位でターン、後半も粘り強く泳ぎ、2分7秒18の2位でフィニッシュした。

 星は昨年のロンドン五輪同種目で銅メダルを獲得しており、1日の決勝で世界大会連続メダルに挑む。

 ▼星の話 タイムが思ったより遅かった。体の動きが朝から変わらなかった。(2分)6秒台前半で泳げればと思う。1日あるのでやれることはやりたい。(2年前の世界選手権でメダルを逃した)上海のリベンジをしてメダルを獲りたい。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月1日のニュース