村上 験担ぎ“パワースポット”で汗 10日開幕世界陸上

[ 2013年8月1日 06:00 ]

世界選手権に向けた合宿を公開した、陸上男子やり投げの村上幸史

 陸上世界選手権(10日開幕、モスクワ)の日本代表で男子やり投げの村上幸史(33=スズキ浜松AC)が都内の味の素トレセンで練習を公開した。

 「ここで事前調整をした試合で80メートルを切ったことは一度しかない」と縁起のいい“パワースポット”で約2時間汗を流した。今年4月から日本大学文理学部体育学科助教に就任。コーチング論など週に9コマの授業をこなす新米助教は「世界の舞台で日本記録を更新したい」と溝口和洋(51)が持つ87メートル60超えを誓った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月1日のニュース