三輪 500メートルで2連勝

[ 2012年11月17日 10:44 ]

 スピードスケートのジュニアワールドカップ(W杯)は16日、カルガリーで行われ、男子500メートルは三輪準也(法大)が35秒61で前日に続いて優勝した。同1500メートルは中村奨太(ロジネットジャパン)が1分46秒89で制した。

 女子500メートルは山根佳子(北海道・帯広柏葉高)が39秒11で、同1500メートルは高山菜摘(北海道・駒大苫小牧高)が2分0秒55で勝った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース