薗田ノーボギー 「ピンチらしいピンチがなく」2位に

[ 2012年11月17日 06:00 ]

<ダンロップフェニックス>10番、スタート前、笑顔を見せる薗田 

男子ゴルフツアー ダンロップ・フェニックス第2日

(11月16日 宮崎県宮崎市 フェニックスカントリークラブ=7027ヤード、パー71)
 薗田がチャージをかけた。「ピンチらしいピンチがなかった」とボギーなしの5バーディー。2日目のフェアウエーキープ率71・43%(4位)が4打差の2位浮上につながった。

 「フェアウエーにボールがあるから攻めやすい」。宮崎県は父・俊信さんの故郷。子供の頃、父と一緒にフェニックスCCを回っている。思い出の地で2年ぶりのツアー2勝目を狙うが、まずは「あと1つで目標の2桁アンダーなので、それを決めたい」と心を落ち着かせた。

 ▼5位・松山英樹の話 ラッキーが続いた。林に入っても前が空いていたり。先週は優勝していないので、去年よりも体が楽なのは間違いない。(昨年はツアー初優勝後に今大会。67で16位から浮上)

 ▼5位・増田伸洋の話 朝、ジャンボさんから“ビッグスコアが出ないのか?”と言われた。“パットが入らないです”と言うと“じゃあ入れろ”と。先週の決勝ラウンドは失速しているので、ジャンボさんの言葉じゃないけど、うっぷんを晴らしたい。(10年連続の賞金シードへ崖っ縁の39歳)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース