竹末 最後の大会は予選落ちも「いいゴルフ人生でした」

[ 2012年11月17日 18:26 ]

第2日、ホールアウト後に写真に納まる、今大会で引退する竹末裕美。左は笠りつ子、右はLPGAの小林浩美会長

女子ゴルフ大王製紙エリエール・レディース第2日

(11月17日 福島県五浦庭園CC=6427ヤード、パー72)
 今大会限りでの現役引退を決めていた竹末裕美は78をたたき、82位で予選落ちした。地元いわき市出身の30歳。「雨、風が強くなって腰が重くなった。悔しいラウンドになったが、体力のなさ、体の状態の悪さを実感した」と話した。

 最終ホールとなった9番で2メートルのパーパットを沈め、笑顔でギャラリーの声援に応える目には涙が浮かんでいだ。「(2003年に)1勝できた。いいゴルフ人生でした」と締めくくった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース