無良 SP2位「正直 びっくりしている」

[ 2012年11月17日 09:16 ]

男子SPでポーズを決める、2位に付けた無良崇人

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フランス杯第1日は16日、パリで行われ、第2戦のスケートカナダで8位だった無良崇人(中京大)が男子ショートプログラム(SP)で76・65点の2位に付けた。ジェレミー・アボット(米国)が81・18点でトップ。

 日本勢が出場していない女子は、昨季世界ジュニア選手権優勝の14歳、ユリア・リプニツカヤ(ロシア)が63・55点でSP首位に立った。ペアSPは第3戦の中国杯で2位だった川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が66・78点で1位だった。

 ▼無良崇人の話 正直、2位という順位はびっくりしている。(SPで9位だった)スケートカナダからジャンプの失敗を減らすように練習してきた。最低限の演技はできた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース