羽生、カナダから帰国 NHK杯へ「優勝したい」 

[ 2012年11月17日 20:18 ]

カナダから帰国し、NHK杯に向けて抱負を語る羽生結弦

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯(23日開幕・宮城県利府町)に出場する男子の羽生結弦(宮城・東北高)が17日、練習拠点のカナダから帰国して「やるべきことはやってきた。自信はある。もちろん優勝したい」と成田空港で力強く語った。

 GP第1戦のスケートアメリカではショートプログラムで世界歴代最高得点をマークしながらフリーは崩れて2位に終わり、課題の体力面を強化してきたという。生まれ育った宮城で開催されるNHK杯では、12月のGPファイナル進出を高橋大輔(関大大学院)らと争う。町田樹(関大)小塚崇彦(トヨタ自動車)は既に進出を決めており「僕も出たい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース