白鵬、豪栄道が全勝キープ 日馬富士は1敗守る

[ 2012年11月17日 19:12 ]

白鵬が上手投げで栃ノ心を下す

 大相撲九州場所7日目(17日・福岡国際センター)横綱白鵬は栃ノ心を上手投げで退け、小結豊真将を寄り切った関脇豪栄道とともに全勝をキープした。横綱日馬富士は豪風を押し出して6勝目を挙げた。

 大関陣4人はそろって5勝2敗となった。鶴竜はかど番の琴奨菊を立ち合いの変化ではたき込み、かど番の琴欧洲は隠岐の海に寄り倒された。稀勢の里は関脇妙義龍を寄り切って連敗を2で止めた。妙義龍は5敗目。

 全勝の2人を日馬富士と平幕の豊ノ島、勢、千代大龍が1敗で追う展開。今場所初めて満員御礼の垂れ幕が下りた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース