日野、宮原がSPトップ 全日本ジュニア

[ 2012年11月17日 21:50 ]

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権第1日は17日、東京・DyDoアリーナで男女のショートプログラム(SP)などを行い、男子は2連覇を狙う日野龍樹(愛知・中京大中京高)が71・35点で、女子は昨年優勝の宮原知子(大阪・関大中)が61・31点でトップに立った。

 男子は宇野昌磨(グランプリ東海ク)が66・21点で2位。日野、宮原とともにジュニアグランプリ(GP)ファイナル(12月・ソチ=ロシア)に進出した田中刑事(岡山理大付高)は65・21点で3位につけた。

 女子は大庭雅(愛知・中京大中京高)が56・61点で2位、本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)が55・47点で3位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月17日のニュース