【コラム】川本治

久保は“規格外”A代表で十分やれると証明した

[ 2019年6月11日 07:00 ]

国際親善試合   日本2-0エルサルバドル ( 2019年6月9日    ひとめS )

<日本2-0エルサルバドル>後半、ドリブルで相手2人をかわしシュートを放つ久保(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 久保は十分に日本代表でもやっていけることを証明した。最初のプレーが象徴的で、相手3人に囲まれながらも一発でかわし、カットインしてシュート。いきなり自分の得意な形に持っていった。シュートも足の振りが小さく、GKが構える時間を与えないタイミングで打っていた。

 初出場で臆することなく普段の力を出すあたりは規格が違う。中島のパスを受けて大迫に出した場面も相手に囲まれた中でワンタッチでパスしたが、簡単にできるプレーではない。

 元々キックの種類が多く、ボールタッチが柔らかい上に、今年はフィジカルが強くなったため、ボールを失わなくなり、安定感が増した。試合に出続けていることがいい結果につながっていると思う。

 日本代表では堂安、南野、中島ら2列目の一角を狙う形になるだろう。トップ下もできるが、持ち味が出るのは堂安の位置。システムとの兼ね合いもある中、どう配置していくのか、日本代表のポジション争いは、さらに激しくなると思う。(元ジェフ市原強化部長)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る