×

森保ジャパン オマーン戦先発メンバー発表!ベトナム戦から1人変更、FW古橋はまたもベンチスタート

[ 2021年11月16日 23:56 ]

W杯アジア最終予選B組   日本―オマーン ( 2021年11月16日    オマーン・マスカット )

日本サッカー協会の田嶋会長(右)と日本代表の森保監督
Photo By スポニチ

 男子サッカー日本代表は16日、W杯カタール大会アジア最終予選B組第6戦となるオマーン戦に臨む先発メンバーを発表。11日のベトナム戦(〇1―0)から1人が変更。累積警告により出場停止のMF守田英正(26=サンタクララ)に代わってMF柴崎岳(29=レガネス)が起用された。FW大迫勇也(31=神戸)、DF長友佑都(35=FC東京)らは同予選6試合連続のスタメン入りを果たした。

 3勝2敗で同組3位に浮上した日本は、開幕戦で0―1と敗れた同組4位オマーンとW杯予選“生き残りを懸けた”一戦。最終ラインはDF山根、DF冨安、DF吉田、DF長友と変わらず。MF守田が欠場した中盤はMF柴崎が起用され、MF遠藤とMF田中が引き続き先発出場。前線は右にMF伊東、左にMF南野、中央にFW大迫とこちらもベトナム戦からの変更はなし。スコットランド1部セルティックで活躍中のFW古橋は、またもベンチスタートとなった。

 ▼W杯アジア最終予選 日本(28)はアジア最終予選でオーストラリア(34)、サウジアラビア(49)、中国(75)、オマーン(77)、ベトナム(98)と同じB組。同予選は2次予選を突破した12カ国がA組、B組に分かれホーム&アウェー総当たりで各2度対戦し、各組上位2カ国計4チームがW杯本大会に出場。A組3位とB組3位はアジアプレーオフで直接対決し、勝者は大陸間プレーオフに進出。ここでも勝利することが出来れば、本大会出場の権利が得られる。※()内数字はFIFAランク

<オマーン戦先発メンバー>
 【GK】
 権田修一(32=清水)

 【DF】
 山根視来(27=川崎F)
 冨安健洋(22=アーセナル)
 吉田麻也(33=サンプドリア)
 長友佑都(35=FC東京)

 【MF】
 遠藤航(28=シュツットガルト)
 田中碧(21=デュッセルドルフ)
 柴崎岳(29=レガネス) 

 【FW】
 伊東純也(28=ゲンク)
 大迫勇也(31=神戸)
 南野拓実(26=リバプール)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月16日のニュース