×

日本代表DF酒井 右脚付け根負傷も「本来のパフォーマンス出せるかを基準に」

[ 2021年11月16日 05:30 ]

真剣な表情でトレーニングする酒井(中央)ら(C)JFA
Photo By 提供写真

 日本代表のDF酒井が、負傷は右脚付け根だったことを明かし「良くはなっている。ただ筋肉系なので慎重にやっているところ。根性出して強引に、ではなく本来のパフォーマンスが出せるか、チームにプラスアルファを出せるか、そこを基準にしたい」と話した。

 回復は予定より遅れているという。一方、森保監督は「昨日はゲーム形式にも入った。選択肢には入ってくる」とオマーン戦での起用も示唆した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月16日のニュース