×

浦和MF伊藤敦樹が偉大な先輩の魂を継承へ「残りのシーズン、阿部さんと喜び合いたい!」

[ 2021年11月16日 14:49 ]

オンライン取材に応じた浦和MF伊藤(右)、後方はMF阿部
Photo By スポニチ

 浦和の大卒ルーキー、MF伊藤敦樹(23)が16日、全体練習後のオンライン取材に応じ、今季限りでの現役引退を表明した大先輩のMF阿部勇樹(40)に対する思いと感謝を口にした。今季開幕戦ではダブルボランチでコンビを組むなど間近で阿部の偉大さを感じて来た1人だ。

 「開幕前の練習試合くらいから自由にやっていいよ、気楽に楽しんでやっていいよと隣りで言ってもらい、自分は思い切ってプレーすることができた。サッカーに対する姿勢、人間性含め、尊敬しています。残り少ないシーズンですけど自分の成長をもっと見せたいですし、阿部さんと喜び合いたいです」。

 伊藤にとってピッチ内外で阿部の全てが最高の手本だった。「サッカー面で感じたのは危機察知能力、予測の部分が本当に凄い。自分はまだまだなので盗んでいきたい。メンタルの部分も、レッズに対する思いだったり、レッズがどういうクラブであるべきか、というのは受け継いでいきたいです」。

 次戦は20日、横浜と激突する。3月の対戦では0―3と完敗した相手。「自分の中で前期のマリノス戦は1つの壁に当たったというか、力の差を感じた試合でした。約半年経ってどれだけ出来ることが増えたか、自分の中で示していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月16日のニュース