×

南野 前回の“リベンジ”燃える 先制点決め不敗神話だ

[ 2021年11月16日 05:30 ]

<日本代表練習>真剣な表情でトレーニングする原口(中央)、南野(右から2人目)ら(C)JFA
Photo By 提供写真

 背番号10が火付け役を担う。左サイドでのスタメンが濃厚な日本代表の南野は「先制点が大事になる。ゴールに関わっていくプレーをどうすれば良いか考えている」と意気込み。9月の前回オマーン戦は負傷の影響もあって出場機会がなく、ベンチで悔しい敗戦を見届けるしかなかっただけに“リベンジ”に燃えた。

 自身が先制点を挙げた試合は8戦8勝。10月12日のオーストラリア戦、11日のベトナム戦と2試合連続でアシストを記録しているが、欲しいのはゴールだ。先制すれば全勝の男が、森保ジャパンに勢いをもたらす。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月16日のニュース