×

イタリアが再び魔のプレーオフへ 北アイルランドにドローでC組2位

[ 2021年11月16日 08:39 ]

引き分けに終わってぶ然とした表情を見せるイタリアのバレッラ(AP)
Photo By AP

 2022年W杯カタール大会の欧州予選は15日に各地で最終節を行い、欧州選手権(2020年)で優勝したC組のイタリアは、敵地ベルファストで北アイルランドにスコアレス・ドローに終わって4勝4分け。勝ち点16で全日程を終了した。C組ではスイスがブルガリアに4―0で快勝して5勝3分けの勝ち点18。スイスが1位となって5大会連続12回目の出場権を獲得し、イタリアはA組2位のポルトガル同様、12チームによるプレーオフ(出場枠は3)に回ることになった。

 イタリアは2017年の欧州予選でもプレーオフに回り、このときはスウェーデンに敗れてW杯ロシア大会への出場権を消失。今回も本大会に出場するにはあと「2勝」が必要で、きびしい状況と直面することになった。

 一方、I組ではイングランドがサンマリノの10―0で大勝。8勝2分けの勝ち点26で7大会連続16回目の出場権を獲得した。

 なお3組に分けて行われるトーナメント形式のプレーオフの組み合わせは今月26日に決まる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2021年11月16日のニュース