フィテッセ本田 監督辞任で退団示唆「ここにいる意味が半減している」

[ 2019年12月9日 05:30 ]

オランダ1部   フィテッセ0―0フェイエノールト ( 2019年12月8日 )

<フィテッセ・フェイエノールト>後半、攻め込むフィテッセの本田
Photo By 共同

 フィテッセの本田は加入3試合目で初めて先発を外れた。スルツキ前監督の辞任後初戦でチームは連敗を5で止めたが「監督がいなくなったことで、ここにいる意味が半減している。当然ながら冬の移籍も頭の中に入れている」と率直に話した。CSKAモスクワ(ロシア)時代の恩師でもあった前監督に請われて11月に加入した。「彼が出ていって、僕はこのまま居座るのか。自分のプライドみたいなものを頭の中で整理しないといけない」と複雑な心境を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月9日のニュース