ゲンク伊東 強烈ミドルで今季1号「思い切って打って良かった」

[ 2019年12月9日 05:30 ]

ベルギー1部   ゲンク2―1セルクル・ブリュージュ ( 2019年12月7日 )

<ゲンク―セルクル・ブリュージュ>前半、攻め込むゲンクの伊東(手前)
Photo By 共同

 ゲンクの伊東がフル出場し、強烈なミドルシュートで今季リーグ戦初ゴールを決めた。

 前半34分にピッチ中央からドリブルで仕掛け、ペナルティーエリア外の右寄りから豪快に突き刺し「いいところに行った。思い切って打って良かった」と会心の一撃を振り返った。3日のカップ戦に続き公式戦で2試合連続ゴール。チームも監督交代後の初白星を手にし「最近は勝てていなかったが、試合自体は悪くなかった。やっと勝てて良かった」と素直に喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月9日のニュース