仙台 渡辺監督の退任を発表 選手時代から19年「全ては私の心の中で生き続けます」

[ 2019年12月9日 22:57 ]

今季限りでの退任が発表された仙台の渡辺監督
Photo By スポニチ

 J1の仙台は9日、渡辺晋監督(46)と協議を重ねた結果、今季限りで同監督の退任が決定したと発表した。後任監督は決まりしだい発表するとしている。

 東京都出身の渡辺監督は2014年4月に就任。リーグ戦の順位は14位、14位、12位、12位、11位ときて6年目の今季は11位だった。

 渡辺監督はクラブを通じて「選手として加入してから19年、私にたくさんのチャンスと何にも代え難い貴重な経験を与えてくれたクラブに心から感謝しております。本当にありがとうございました。そしてベガルタサポーターの皆さん。多くの声援と笑顔、そして涙。それら全ては私の心の中で生き続けます。本当に、本当にありがとうございました。ベガルタ仙台の今後の発展を心から願っています」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月9日のニュース