森保J 強豪ウルグアイにドロー 指揮官「いい戦いをしてくれた」

[ 2019年6月21日 10:20 ]

南米選手権1次リーグC組   日本2―ウルグアイ ( 2019年6月20日    ブラジル・ポルトアレグレ )

<コパ・アメリカ ウルグアイ・日本>前半、森保監督(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                                
Photo By スポニチ

 サッカーの南米選手権1次リーグC組は20日(日本時間21日)、ブラジル・ポルトアレグレで行われ、FIFAランキング28位の日本は同8位の強豪・ウルグアイと対戦。MF三好が2得点を奪う活躍を見せたが、2―2のドローに終わり今大会の成績を1分け1敗とした。

 試合後、森保監督がインタビューに応じ、「勝ちたいという気持ちをプレーに表してくれたと思う。よくハードワークしてくれて、チャレンジしてくれた。勝てなかったのは残念だったが、いい戦いをしてくれた」と振り返った。

 また、「一戦、一戦、持てるものを全て出し切って、戦う。次の試合に勝って、グループリーグ突破できるようにしたい」とコメント。最後は「選手たちが持ってるポテンシャルを今後、100%出すということと、チームとして2戦目より3戦目、いい戦いができるようにしたい」と意気込んだ。

 次戦は24日(同25日)にベロオリゾンテでFIFAランキング60位のエクアドル代表と対戦する。

 本大会はDAZNが独占中継。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年6月21日のニュース