久保 ウルグアイ撃破へ「やっぱり先制点が重要」

[ 2019年6月21日 05:30 ]

南米選手権1次リーグC組   日本―ウルグアイ ( 2019年6月19日    ブラジル・ポルトアレグレ )

<日本代表練習>練習開始前に笑顔を見せる久保建(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 【久保と一問一答】

 ――得点への意気込みは。

 「先に点を取るというのはやっぱり重要。2点3点取られてしまうと、自分たちでも結構ナーバスになることが多い。南米のチームは自分たちより感情が豊かだと思うので、そのマイナスな部分を突けていければいい」

 ――序盤からいい攻撃のリズムをつかむために。

 「0―0の時間帯を当たり前だと思わずに(行く)。最初は相手もフレッシュでそんなに簡単に隙が生まれることはない。自分たちも集中しているので思い切ったプレーは少なくなると思うが、前めのエリアに行ったら思いきったプレーをしていくのが大事」

 ――チリ戦で手応えを得た南米勢の強度について。

 「もう試合は終わっている。あれできた、これできたと言ってもできていないんで、認めるしかない。試合に向け準備していくだけ」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年6月21日のニュース