組織力の差くっきり 西野監督△●スタートに「非常に厳しい」

[ 2015年3月15日 05:30 ]

<甲府・名古屋>前半、激しく競り合う名古屋・ノヴァコヴィッチ(左)と甲府・稲垣

J1第1S第2節 名古屋0―1甲府

(3月14日 中銀スタ)
 名古屋はふがいない戦いぶりで開幕2戦目も勝利を逃した。初戦は昇格組の松本と引き分け、この日は昨季J1で13位の甲府に敗戦。苦しい滑り出しに西野監督の表情からも覇気がうせ「非常に厳しい結果。得点がなかったことが敗因の全てだ」と絞り出した。

 スピードに乏しいDF陣は相手FWを警戒してラインを上げられず、間延びして攻守に連動性がなかった。組織的で戦う甲府との違いは鮮明だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年3月15日のニュース