高徳ガックリ「試合を壊してしまった」2失点に絡み途中交代

[ 2015年3月15日 05:30 ]

レバークーゼン戦の前半、ヘディングで競り合うシュツットガルトの酒井高(右)

ブンデスリーガ第25節 シュツットガルト0―4レバークーゼン

(3月13日)
 シュツットガルトのDF酒井高が2失点に絡み「試合を壊してしまった。実力不足」と反省を口にした。

 左サイドバックで2試合ぶりに先発。0―2の後半5分、マークしたドイツ代表MFベララビに振り切られて追加点を許すと、同14分に自身のパスミスから4点目を奪われ、直後に交代を命じられた。日本代表ハリルホジッチ新監督については、パリSGで指導を受けたFWイビセビッチから「規律に凄く厳しいが、日本人ならば大丈夫だと思う」と聞いたそうで「代表に選ばれたらしっかり学びたい」と意欲を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年3月15日のニュース