ハリル監督お眼鏡にかなったのは権田だけ?唯一言及「GKは良かった」

[ 2015年3月15日 08:30 ]

<FC東京・横浜>視察に訪れ、眼鏡をかけるハリルホジッチ監督
Photo By スポニチ

J1第1S第2節 FC東京0―0横浜

(3月14日 味スタ)
 日本代表のハリルホジッチ監督がFC東京―横浜戦を訪れ、J1リーグを初視察。スコアレスドローの結果に辛口のハリル節がさく裂したが、もちろん収穫もあった。

 「これまでビデオで見てきた。直接見られたので少し違うものも見られた。誰かとは言えないが、何人かは次の試合に向けて面白いと思った。FC東京のGKは良かった。ゴールがないのは残念ですが…」。唯一、具体的に称賛したのはGK権田だ。後半9分、同10分、連続して好セーブを見せると思わず拍手も送った。その他、日本代表FW武藤、森重、米本らのプレーに目を光らせていたという。

 視察には日本協会の霜田技術委員長も同席。「この試合は監督の希望です。お目当てはあったり、なかったり。攻撃面はあれですが、守備を見られたのが良かった」と明かす。新コーチのボヌベー氏が川崎F―神戸戦、新フィジカルコーチのモワンヌ氏は鹿島―湘南戦を視察した。指揮官は「次の試合に向けたリストを作る。協力してJリーグを全部見たい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年3月15日のニュース