湘南20年ぶり敵地で鹿島撃破 U22遠藤1G1AでA代表アピール

[ 2015年3月15日 05:30 ]

<鹿島・湘南>J1初勝利を喜び合う湘南イレブン

J1第1S第2節 湘南2―1鹿島

(3月14日 カシマ)
 昇格組の湘南が鹿島を撃破し、J1復帰初勝利を挙げた。0―1の後半9分にU―22代表DF遠藤が2試合連続得点となるPKで同点。ロスタイムには遠藤のクロスから新加入FWアリソンが頭で合わせ勝ち越した。敵地で鹿島に勝つのは95年11月22日以来20年ぶり。1得点1アシストの遠藤は「次につながる勝ち点3」と満面の笑みを浮かべた。

 この日はA代表のモワンヌ・フィジカルコーチが初視察。「すでに(A代表には)同世代が入っているし、負けないようにアピールしたい」と意気込む。そのA代表入りへ向けて、まずは27日からのリオ五輪アジア1次予選(マレーシア)で活躍することが必要。「良いモチベーションでいける。僕は代表に集中して予選を勝ち抜けるように頑張りたい」と、U―22代表主将は力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2015年3月15日のニュース