山形カウンター狙い不発…嘆く石崎監督「素晴らしいミドルが…」

[ 2015年3月15日 05:30 ]

<浦和・山形>試合後、古巣のチームメートと握手をかわす山形GK山岸

J1第1S第2節 山形0―1浦和

(3月14日 埼玉)
 山形は相手のミドル弾にプランを狂わされた。前半から5バックで浦和を迎え撃ち、ボールの受け手に激しいマークで相手の攻撃の芽をつんだ。無失点で耐えて迎えた後半27分に負傷から復帰したばかりのエースFW川西を投入。カウンターを狙ったが、阿部の得点に屈した。

 石崎監督は「川西が入って攻撃は活性化したが、素晴らしいミドルが入ってしまった」と唇をかみ、古巣との対戦となったGK山岸は「勝ち点を取れなかったのは悔しい」と嘆いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年3月15日のニュース