大仁会長「いい年を迎えられる」 遠藤「道筋をつかめた」

[ 2013年11月20日 08:54 ]

<日本・ベルギー>後半、シュートを放つ遠藤

国際親善試合 日本3―2ベルギー

(11月20日 ブリュッセル)
 【日本代表コメント】

 ▼大仁邦弥・日本サッカー協会会長の話 10月の欧州遠征後、ここから先が監督の手腕と思っていたが、さすがに立て直してきた。これでいい年を迎えられる。

 ▼長谷部の話 3―1になってからの戦いは課題かもしれないが、自分たちが勝つべくして勝った試合だった。

 ▼遠藤の話 今の状況が自分たちのピークではないけど、この2試合である程度手応え、道筋をつかめたと思う。

 ▼香川の話 僕個人としてはまだまだミスが多かった。反省したい。もう1点、2点と突き放す強さを求めてやっていきたい。

 ▼吉田の話 2失点したが、強豪に勝つのは大事。アウェーでこういう相手に勝てたのは大きい。(守備の)ラインコントロールがよかった。

 ▼酒井高の話 (1失点目は)ミララスが詰めてきていたと気付かなかった。対面する選手の確認という当たり前のことがおろそか。足元を見つめ、一からやり直す。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月20日のニュース