Jリーグ理事会 讃岐の“条件付き”J2入会を承認

[ 2013年11月20日 05:30 ]

 Jリーグは理事会でカマタマーレ讃岐の条件付きJ2入会と藤枝MYFCなど9クラブのJ3入会を承認した。

 讃岐は最終戦でホーム入場者が1試合平均3000人を超えることが条件。入れ替え戦に勝てばJ2、負ければJ3に入会となる。J3の残り1枠は盛岡が決定的。「ベストメンバー規定」は来季からJ1のみ緩和。直前のリーグ戦5試合の先発メンバーを6人以上先発させる現行ルールから、一定の出場実績を持つプロA契約選手6人以上の先発に変更。外国選手枠に「Jリーグ提携国枠」(仮称)の新設を決め、タイなど東南アジア5カ国の選手を2人まで登録できる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2013年11月20日のニュース