甲府 7大会ぶり8強進出 パトリックが頭で決勝点

[ 2013年11月20日 22:25 ]

天皇杯4回戦 甲府1―0札幌

(11月20日 うまスタ)
 甲府が延長戦を制した。後半から押し気味に試合を進め、0―0の延長後半8分に右サイドのクロスをパトリックが頭で合わせ、均衡を破った。札幌は前半こそ長身FWのフェホを中心に攻めたが、その後は見せ場をつくれなかった。

甲府は苦しみながらもJ2札幌を振り切り、7大会ぶりのベスト8進出を決めた。城福監督は「次に進めたことが全て」と安堵の表情を浮かべた。

 スペースが空き始めた後半からボールを支配し、サイドからシュートチャンスをつくった。得点こそ奪えず延長戦に入ったが、後半8分に右からのクロスをパトリックが頭で決めた。ヒーローは「素晴らしいクロスがきたので。自分が決めたのはうれしいこと」と喜んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2013年11月20日のニュース