×

クロアチア 10人でもアイスランド粉砕!W杯出場権を獲得

[ 2013年11月20日 06:31 ]

退場を宣告されるクロアチアのマンジュキッチ

 W杯欧州予選プレーオフ第2戦は19日各地で行われ、第1戦を0―0で引き分けたクロアチアがホームでアイスランドと対戦。バイエルン・ミュンヘン所属のエースFWマンジュキッチが退場になるアクシデントに見舞われるも、代表キャップ数100試合を超える大ベテランの主将スルナが貴重な殊勲弾。2―0で勝利し、2大会ぶり4回目のW杯出場を決めた。

 クロアチアはマンジュキッチが前半27分に先制点。このままホームの勢いに乗るかと思われたが、マンジュキッチが同38分に一発レッド。まさかの退場処分に会場からもどよめきが起こる。

 1点リードしたクロアチアだったが、1点を失うとアウェーゴール適用によって逆転を許すという厳しい展開となってしまう。しかし、10人となってもクロアチアの優勢は変わらなかった。

 後半開始2分、左サイドのコバチッチがドリブルで中央を突破すると右サイドへ展開。ペナルティエリア右でこのボールを受けたスルナがゴール左隅に鮮やかにネットを揺らし貴重な追加点を奪う。

 これでW杯出場へ最低でも2点が必要となったアイスランドだったが、その後も攻めてを欠きチャンスを作れないまま試合終了。エース退場の危機を主将スルナの一発によって払しょくしたクロアチアが、危なげなくW杯出場の切符を手にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2013年11月20日のニュース