柿谷だ!本田だ!岡崎だ!日本3発でベルギーを逆転撃破!

[ 2013年11月20日 06:55 ]

<ベルギー・日本>後半8分、勝ち越しゴールを決め、祝福される本田

 サッカーの日本代表は19日(日本時間20早朝)、ベルギーのブリュッセルで行われた国際親善試合でFIFAランキング5位のベルギー代表と対戦し、3―2で逆転勝ち。来年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会に手応えを得て、ことし最後の強化試合を終えた。

 日本は16日のオランダ戦から先発メンバー6人を変更。GKにはベルギーでプレーしている川島永嗣が入り、両サイドバックの長友佑都、内田篤人コンビに代え、酒井高徳、酒井宏樹が出場。1トップは柿谷曜一朗で、香川真司も先発メンバーに名を連ねた。

 前半16分、日本はミララスに先制ゴールを許したものの、同37分に酒井宏の右からクロスに柿谷が頭で合わせ、ゴール左に同点弾。1―1で前半を折り返した。

 後半、日本は山口に替えて遠藤、清武に替えて岡崎を投入。後半8分に遠藤からパスを受けた本田がゴール前でフリーに。右足で豪快に勝ち越し弾をゴール左に叩き込んだ。同18分にはペナルティエリア内で長谷部のパスを受けた柿谷がワンタッチで岡崎へ。ゴール右から岡崎がグラウンダーのゴールを決め3―1とした。柿谷はこのプレー後に大迫と交代した。

 後半34分、CKから身長1メートル86のアルデルヴァイレルトに高い打点のヘディングを許し、ゴール左隅に追撃の一発を浴びたものの、リードを守り抜いた。

 日本はFIFAランキング44位ながら、同5位のベルギーとの対戦成績を2勝2分けとした。また、ザッケローニ監督就任後の日本の通算成績は26勝11分け(1PK勝ちを含む)11敗。ことしは8勝3分け8敗で全日程を終えた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月20日のニュース