本田 アウェーの激戦が収穫「ギリギリのサッカーがいい経験に」

[ 2013年11月20日 07:13 ]

<ベルギー・日本>後半8分、勝ち越しゴールを決め、祝福される本田

国際親善試合 日本3―2ベルギー

(11月19日 ブリュッセル)
 後半8分に逆転ゴールを決めた本田圭佑は「結果もうれしいですけど、内容がいい試合で自分たちのサッカーができた。次につながる試合だった」と満足げに振り返った。

 特に収穫としてあげたのはアウェーでオランダ、ベルギーと互角以上に戦ったこと。「この緊張感の中で2失点目のような反省点はあるんですけど、3失点目を許さない、ギリギリのサッカーができたことはいい経験になったと思います」と話した。

 来年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会を見据える日本にとってことし最後の強化試合をいい形で締めくくった。今後の課題として「自分たちが所属クラブに戻ってチームとしても個人としても課題を持って取り組むということ」と各々の向上を求めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月20日のニュース