5カ月ぶり先発の酒井宏、同点弾アシストも「守備の質を上げないと」

[ 2013年11月20日 09:19 ]

<日本・ベルギー>後半、ヘディングする酒井宏

国際親善試合 日本3―2ベルギー

(11月20日 ブリュッセル)
 コンフェデレーションズカップのメキシコ戦以来、約5カ月ぶりに先発した酒井宏は前半37分に右クロスで柿谷の同点ゴールを導いた。それまでも何度かいい攻め上がりを見せ「裏に抜ければチャンスになると思っていた」そうで、狙い通りのアシストとなった。

 守備面では2失点を反省。主力の内田にはない183センチという高さも武器の右サイドバックは「早い時間帯に失点してしまったし、セットプレーからの1点も余計だった。守備の質を上げないと」と満足はしていなかった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月20日のニュース