ガーナ 日本戦メンバーを発表…ボアテングら主力は来日せず

[ 2013年9月8日 03:00 ]

 ガーナサッカー協会は7日、10日の日本戦に向けたメンバーを発表。先月27日の登録メンバー26人からシャルケのMFボアテングら主力が外れ、17人だけが来日することになった。

 今回招集外となったメンバーはボアテング(シャルケ)、エシエン(チェルシー)、アサモア(ユベントス)、ムバラク(エスパニョール)、バドゥ(ウディネーゼ)、アイェウ(マルセイユ)など欧州主要クラブで活躍中の6人に加え、南アフリカW杯でも3得点決め活躍したエースFWギャン(アル・アイン)を含めた計9人。攻撃の中心を担うタレントのほとんどに休息が与えられる形となった。

 守備陣にはジョナサン・メンサーらレギュラーメンバーが揃ったものの、攻撃陣で6日のW杯アフリカ2次予選ザンビア戦にスタメン出場したのはFWワリスのみ。日本代表にとって課題の守備力を試す絶好の相手とされていたが、期待を裏切られる来日メンバーとなってしまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース