青山 虫垂炎?腹痛で代表離脱…岡崎は左膝痛め練習回避

[ 2013年9月8日 06:00 ]

 日本代表MF青山が虫垂炎の疑いのため、チームを離脱した。グアテマラ戦後、腹痛を訴えたため病院で検査を受けた。日本協会の原博実技術委員長によれば、点滴を受けた後に症状は落ち着いたが、大事を取って所属先の広島へ戻った。

 また、岡崎がグアテマラ戦で左膝を痛め、この日の練習を回避。宿舎内でアイシングなど静養に努めた。追加招集に関して、原委員長は「今のところは決めていない」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース