森重 リスク管理の徹底を意識「攻めているときこそやるべき」

[ 2013年9月8日 06:00 ]

 日本代表の森重はDFの“救世主”としてリスク管理の徹底を意識付けた。

 グアテマラ戦は攻め込む時間帯が多かったが「リスク管理は攻めているときこそやるべき。そこは常に心がけてできた。」と完璧主義者のごとく振り返った。4バック、3バックも自在に対応する万能DFは強豪ガーナ戦でも隙のない守備を完遂する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース