ザック監督 決定力不足に嘆き節も守備再建に手応え

[ 2013年9月8日 06:00 ]

斎藤(3)と槙野(右)を指導するザッケローニ監督(中央右)

 日本代表のザッケローニ監督が決定力不足を嘆いた。グアテマラ戦はシュート25本を放ちながら、フィニッシュの精度を欠き3得点。試合後に長谷部主将を呼び「もっと点が取れただろう」と不満をぶつけていた。

 一方で今回の2試合の最大のテーマである守備の再建には手応えを感じており「守備の意識は良かった。次も続けよう」と納得の表情を浮かべていたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース