イタリア W杯出場へ王手!ブッフォン好守連発で完封勝利

[ 2013年9月8日 06:00 ]

ブルガリア戦で先制ゴールを決め喜ぶイタリア代表FWジラルディーノ

W杯欧州予選グループB イタリア1-0ブルガリア

(9月6日)
 W杯欧州予選は6日に各地で25試合が行われ、B組首位のイタリアは1―0で2位のブルガリアを下し、勝ち点差を7に広げた。10日のチェコ戦に勝てば自力で本大会出場が決まる。C組首位のドイツは、FWミロスラフ・クローゼ(35)がドイツ歴代最多タイの通算68点目を挙げる活躍などでオーストリアに3―0で快勝。A組ベルギー、D組オランダ、I組スペインなどとともに不敗で首位を保った。

 イタリアはベテラン勢の活躍で欧州予選突破一番乗りに王手をかけた。出場停止のFWバロテッリ、FWオスバルドらに代わって先発した31歳のFWジラルディーノが前半38分に頭で先制ゴール。後半はブルガリアの猛反撃を受けたが、35歳のGKブッフォンが3度のスーパーセーブで失点を許さなかった。1―0での逃げ切り勝ちに、プランデッリ監督は「ブッフォンに救われた」と守護神を称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース