神戸、吉田2得点などで勝利 奈良クは岡山が一矢

[ 2013年9月8日 16:49 ]

天皇杯2回戦 神戸3―1奈良ク

(9月8日 三木陸)
 神戸が終始、試合をリードした。前半に吉田と北本が得点し、後半には吉田のゴールで3点目を奪った。奈良クは前半シュート1本に封じられたが、後半は果敢に攻め、試合終了間際に岡山のヘディングで1点を返した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース