FC東京 平山ら五輪出場経験7選手がお祝いメッセージ

[ 2013年9月8日 14:03 ]

 東京都をホームタウンとするJ1のFC東京は8日、クラブの公式サイトに「祝 東京2020オリンピック・パラリンピック開催決定!」と題し、五輪出場経験のある7選手のお祝いメッセージを以下の通り掲載した。

 ▼FWルーカス(00年シドニー五輪出場) 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定おめでとうございます。自分もブラジル代表としてシドニーで経験したオリンピックという特別な大会が、日本で開催されることはたいへん素晴らしいことです。
 安全面やホスピタリティという日本の素晴らしさを世界にPRできる大会になると思います。みんなで盛り上げていきましょう。

 ▼DF徳永悠平(04年アテネ五輪、12年ロンドン五輪出場) 東京でのオリンピック・パラリンピック開催が決まり、とても嬉しく思います。自分は2大会に出場させていただきましたが、どちらも非常に良い経験になりました。日本での開催が決まり、これからスポーツ界を盛り上げるだけでなく、震災からの復興支援という面でも日本全体が元気になるようなオリンピック・パラリンピックになればいいと思いますし、自分にできることは協力していきたいです。

 ▼FW平山相太(04年アテネ五輪出場) 東京でのオリンピック・パラリンピック開催が決まったことはとても嬉しく、素晴らしいことだと思います。オリンピックはサッカー選手にとってもほかのスポーツ選手にとっても特別な大会だと思いますし、子どもたちに夢を与える大会だと思います。日本のみんなで盛り上げて、素晴らしい大会にしましょう。

 ▼MF石川直宏(04年アテネ五輪出場) 東京2020オリンピック・パラリンピック開催決定おめでとうございます。東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることはとても嬉しいことです。 そして、まずは今日この日から、これまで以上に自分たちがスポーツの力・サッカーの力で東京を、日本を盛り上げていきたいと思います。そして次の世代にも語り継がれるような大会をみんなで作っていきたいですね。

 ▼DF森重真人(08年北京五輪出場) 2020年、東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることをとても嬉しく思います。自分にとって北京オリンピックでの経験は間違いなく成長につながりましたし、いま日本代表として戦ううえでもその経験が役立っていると思います。東京での開催はとても楽しみです。自分も日本のスポーツ選手のひとりとしてこれまで以上に責任感をもって、一試合一試合しっかりと戦いたいと思います。

 ▼GK権田修一(12年ロンドン五輪出場) オリンピック・パラリンピックが東京で開催されるのはとても嬉しいですし、今から開催がとても楽しみです。 僕らアスリートはもちろん、未来を担う子どもたちが肌でオリンピックを感じられるのは、今後の日本のスポーツ発展にとても大きなことだと思います。2020年までに僕たち日本人がやれること、やらなければいけないことはたくさんあると思うので、みんなで協力して日本でのオリンピックを成功させましょう。

 ▼MF東慶悟(12年ロンドン五輪出場) オリンピック・パラリンピック東京開催決定おめでとうございます。僕が出場した昨年のロンドンオリンピックでは、サッカーの本場ということで敵味方関係なくいいプレーには拍手、拙いプレーにはブーイングをするといった「スポーツを楽しむ文化」に触れる良い経験をしました。日本でもそういった文化がつくられるいいきっかけになればいいと思います。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース