長友 東京五輪出場熱望 33歳でのプレーに「まだまだいける」

[ 2013年9月8日 20:33 ]

激しい雨の中、練習する(左から)長友、本田、香川

 長友(インテル・ミラノ)は7年後の東京五輪出場を熱望した。現行ルールでは原則23歳以下で争われ、年齢制限を上回る選手は3人まで出場できる。33歳で大会を迎えるが「まだまだいける年齢。出たい。若い選手に経験を伝えたいし、そういう想像を膨らませている」と語った。

 2008年北京五輪は1次リーグ3戦全敗で敗退。力量差を味わった悔しさが忘れられないという。「北京で苦い思いをしたからこそ、リベンジという意味もある」と熱っぽい口調で言った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース