日本代表 主力組は軽め調整、控え組は関大と練習試合

[ 2013年9月8日 06:00 ]

大学生を相手としたゲーム形式の練習で、ゴールを決める槙野(右)

 日本代表は7日、控え組中心のメンバーが関学大と練習試合を行った。最初は10対10のボール回しで守備のポジション確認を行い、その後に実戦に移行。練習試合では4―2―3―1と3―4―3システムが併用され、左サイドバックに入った槙野がゴールを決めて1―0で勝利した。

 この日は主力組はランニング中心の軽めのメニュー。中3日のガーナ戦に向けて、コンディションを整えていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年9月8日のニュース