ハーフナー今季7ゴール目!「入る雰囲気がしていた」

[ 2013年3月31日 21:37 ]

ズウォレ戦の前半、先発出場し競り合うフィテッセのハーフナー(右)

 オランダ1部リーグでハーフナー・マイクと安田理大が所属するフィテッセは31日、ホームでズウォレと対戦し、先発したハーフナーは前半35分に左FKを頭で合わせて今季7点目を挙げ、2―1の勝利に貢献した。終盤に交代で退いた。左サイドバックを務めた安田は、リーグ戦では昨年8月以来のフル出場となった。

 ハーフナーの今季7点目は194センチの長身を生かした力強いゴールだった。左FKを遠いサイドで待ち受け、相手マーカーの上から頭で決めた。「入る雰囲気がしていた。その前のFKも自分が取ったものなので、良い得点だった」と胸を張った。

 2戦連続得点で6連勝の好調フィテッセを引っ張る。日本代表FWは「上のリーグで優勝争いをするのは初めてなので、毎日が楽しい」と充実の表情を浮かべた。

 ▽安田理大の話 試合前は少しナーバスになった。シーズンが終わる前にチャンスが巡ってきた。今はフィテッセで少しでも上を目指してやっていくことが大事。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月31日のニュース