大宮15戦負けなし ルーキー富山がダメ押し弾

[ 2013年3月31日 06:00 ]

<大宮・鹿島>後半34分、途中出場の大宮・富山(右から2人目)がゴールを決め、渡辺、青木(左から)、ノヴァコヴィッチ(右)から祝福される

J1第4節 大宮3-1鹿島

(3月30日 NACK)
 大宮のルーキーFW富山が試合を決定づけるゴールを決めた。後半26分から途中出場し2―1の後半34分に右サイドから中央に切れ込み左足でミドル弾。2試合連続ゴールに「いいコースに飛んだ」と胸を張った。

 チームは苦手の鹿島から公式戦で09年8月29日以来、3年7カ月ぶりの勝利。試合当日にズラタンが腰痛で離脱するアクシデントも乗り越えた。昨季から続くリーグ無敗を歴代6位タイの15に伸ばし、鹿島の持つ連続無敗記録17まであと2となった。

 ≪15戦負けなしは6位タイ≫大宮が鹿島に逆転勝ち。これで昨季24節(9月1日)の浦和戦からリーグ戦では15試合連続負けなし。J1の連続負けなし記録は09年鹿島の17試合連続。次いで16試合連続が延べ4チーム、15試合連続は6位タイ(延べ5チーム)。大宮のこの間の15試合は通算7勝8分け。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月31日のニュース