ザック監督前で柴崎先制弾演出 逆転負けも収穫あり

[ 2013年3月31日 06:00 ]

J1第4節 鹿島1-3大宮

(3月30日 NACK)
 日本代表のザッケローニ監督の視察する前で、鹿島のMF柴崎が先制弾を演出した。

 前半15分に遠藤のスルーパスに反応して右サイド角度のない位置から右足でシュート。GKのはじいたボールからダヴィのゴールが生まれた。3列目からの飛び出しで何度も好機に絡み、ビルドアップでもミスの少ないプレーを披露。逆転負けにも「攻撃参加は(セレーゾ)監督から求められている部分。いいタイミングで上がれた。悲観する内容ではない」と前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月31日のニュース